閉じる
 

御神輿巡行

 流谷八幡神社では秋祭りの本宮で御神輿巡行が催行されます。、早朝から拝殿前に御神輿と子ども御輿が並べて据えられます(2014年10月上旬取材)。>> 続きを読む...

Copyright (C) J.S. All Rights Reserved.
 午前9時30分になると御神輿に御神霊を移す神事が行われた後、社頭の橋の袂にある畳半畳程の石を御旅所と称する、御旅所へ発幸されます。それは、御神輿を担いで境内を1周し、御旅所へ渡御します。その石の上に御神輿が据えられ、神祭りの後、御神輿は橋を渡り車に乗せて流谷地域から下天見地域へと順に巡行されます。御神輿が車で発幸した後で、子どもたちによって担がれた子ども御輿が各地域を巡行します。やがて御神輿が地域を廻った後、拝殿前で還幸祭が行われます
閉じる
松明の外側の纂の編んでいる様子閉じる
松明の中身を入れている様子閉じる
松明を作っている様子閉じる
作った松明の本体を立てている様子閉じる
松明の上部に祈願御串を入れ、稻藁を積み上げ版傘を取り付けている様子閉じる